作曲とダイエットは似ているって話

こんにちは。

峰不二子を目指す、万年ダイエッターのもっちゃです。

 

今日は紹介したい本があります。

こちらです!

f:id:mechamoccha:20210506121458j:image

仰木日向著『作曲少女~平凡な私が14日間で曲を作れるようになった話』です。

 

全然ダイエット関係ないやん!

と声が聞こえてきそうです( ◠‿◠ )

 

内容はタイトル通り、「全く音楽経験のない主人公が、14日間で曲を作る」というものです。

 

作曲できるようになりたい!と購入したのですが、ダイエットと同じだなと思うところがありました。

 

それは、作曲が難しくて諦めかけていた主人公に対して、天才作曲家がかける言葉です。

 

「嫌いにならないところまで、とりあえずやる。

最初は難しくて、本当のおもしろさなんて絶対にわからない。

やり方を覚えて、何がおもしろいのか理解して、それでもつまらないと思ったらやめればいい。」

 

ダイエットも同じですよね。

 

習慣になるまでは、

食べたいもの我慢してストレスたまるし、

運動はめんどくさいし、

本当に自分は痩せられるのか不安だし。

 

でもきっと、最初の壁を越えた先に、ダイエットのおもしろさがあるんだと思います。

 

体重が少しずつ減る、

料理が上手くなる、

栄養学を学びたくなる、

ジーンズがきれいに履けるなど、

そのおもしろさは人それぞれです。

 

おもしろさがわかる前に辞めてしまったら、ダイエットも嫌いになるし、自分のことも嫌いになってしまいます。

 

ダイエットのおもしろさがわかるまで、とりあえずやってみる。

 

これが、続く人と続かない人の違いかもしれません。